靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

靴づくり体験 〜第6話〜

 

靴づくり体験  〜第6話〜

久しぶりなので前回までの記事はこちらよりご覧ください^^

 

初めての方でも時間をかければ靴は作れます。

ということで靴づくり体験をしてくださっている方の様子を載せてます^^

もう、第6話ということで終盤に入ってきました。

 

ウェルトという革のベルトのようなものを中底に縫い合わせていく作業。

すくい縫いと言ってハンドソーンウェルテッド製法の特徴にもなります。

これは本当に手間と時間がかかる作業だし、力もかかるので手がすごく痛かったりするんですよ><

でも靴づくりの醍醐味でもあるので体験していただきました。

f:id:yu_matsuo:20170320161350j:plain

 

 

シャンクやコルクを中底に取り付け平らにしていきます〜

f:id:yu_matsuo:20170320161255j:plain

 

 

本底となる革も取り付けます。

ここではあえて大きめにカットしたベンズというパーツを使います。

靴って色々素材もあるけど、僕が好きなのはこういうソールまで革でできている靴。

ほぼ革からできている靴は、なんとも言えない存在感があるような気がします。

f:id:yu_matsuo:20170320161353j:plain

 

 

本底はこうやって感覚だけで切り回し揃えていきます。

慣れてしまうと普通なのですが、よくこの工程は驚かれたりします。

なぜかというと感覚で切り揃えるから。

靴は左右あるので左右対称に同じように仕上げます。

だから案内線など引かず感覚でやっていることに驚かれるようです。

f:id:yu_matsuo:20170320161352j:plain

 

 

ここから少し写真撮り忘れてました 笑

本底とウェルトを出し縫い(今回は縫い屋さんで)し、革を戻しやすりがけ。

f:id:yu_matsuo:20170320161354j:plain

 

 

そしてヒールを積んでいきます。

ヒールが地面に水平に着地するよう、削っては定規を当て確認。

「もう少しここ削りましょうかー」など話しながらヒールもできていきます^^

f:id:yu_matsuo:20170320161355j:plain

 

 

ヒールは接着剤も使いますが、こうやってさびくぎを使い積んでいきます。

f:id:yu_matsuo:20170320161356j:plain

 

 

これでヒールは完成^^

まだ荒削りなので次回からヤスリで仕上げに取り掛かります!

f:id:yu_matsuo:20170320161358j:plain

f:id:yu_matsuo:20170320161357j:plain

f:id:yu_matsuo:20170320161359j:plain

 

完成までもうあとわずか!

僕も楽しみです^^

 

 

以前の記事はこちらからも読むことができます↓

 

靴づくり体験 - 第1話 -

yu-matsuo.hateblo.jp

 

 

靴づくり体験 - 第2話 -

yu-matsuo.hateblo.jp

 

 

靴づくり体験 - 第3話 -

yu-matsuo.hateblo.jp

 

 

靴づくり体験 - 第4話 -

yu-matsuo.hateblo.jp

 

 

靴づくり体験 - 第5話 -

yu-matsuo.hateblo.jp