読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

Q. 今日はこの写真から〜、さて何でしょうか?

アトリエ 製作過程 はじめ 革に関すること 靴の知識

 

こんにちは

ノンフィクション靴作家の松尾です。

 

今日はこの写真から〜

さて何でしょうか?

f:id:yu_matsuo:20161020094018j:plain

 

 

答えは、、、

 

かつお節

 

じゃないです 笑

 

 

答えは靴の中底でした。

ガラスの破片で革の銀面(表面)を落としているところ。

f:id:yu_matsuo:20161020094017j:plain

 

 

靴の中底とは履いた時に足裏が直接当たるところ。

削っておくことで中敷となる革が貼りやすかったり、摩擦で足が滑りづらくなったりもします。

 

靴づくりはこういう外観から見えないところの加工がたくさんあります。

この工程も必ず必要なわけでもないのですが、自分がやってみて良いことは残すようにしてます。

 

 

この中底はどの靴に使うのか?ですが、

オリジナルラインのサイズ展開していく靴に使います

 

まずは各サイズの型紙が必要になるので、パソコンで比率を合わせながら作ってみました。

これも今回初めてやっていく作業なので、試行錯誤しながら色々やってみてます 笑

f:id:yu_matsuo:20161020094014j:plain

 

 

そしてアッパー(靴の上側)を型紙に合わせ作ってみました。

こんな感じです^^

f:id:yu_matsuo:20161020094015j:plain

 

 

あとブーツも作っている最中だったんですが写真撮ってませんでした><

こうしている間に発注していた木型が到着!

これで作業が進みます〜

f:id:yu_matsuo:20161020094016j:plain

 

 

ちなみに揃えた木型はこの二種類。

22.5〜24.5cmまでやっと揃いました^^

レディースのみとなります。

f:id:yu_matsuo:20161013110312j:plain

 

 

えっ、メンズないの?

とか聞かれそうなので少しご説明も 笑

 

レディースのみの理由は色々あるのですが、メンズとレディースではそもそも足の形(特に幅)が違うため同じ木型でもバランスを変える必要があるんです。

なのでメンズまで揃えようと思うと今の僕の状況だと色々と大変になってくるので、まずはレディースのみにさせていただきました。

 

 

で、早速吊り込みへ。

型紙も問題なくできています^^

f:id:yu_matsuo:20161020094019j:plain

 

 

この感じでたくさんサンプル揃えていきますねー!

1月ごろから受注とかもしていきたいのですが、どこか受注会とかさせていただけるような場所ないでしょうか?

この辺り全く決めていないので考えておかないといけませんね。

 

 

あと先日のレザーアワード。

残念ながら二次審査に進むことはできませんでした〜><

お知り合いの方々も足を運んでくださったようでしたが、今年は来客者が多く投票もすでに締め切っていたようでした。

足を運んでくださった方、本当にありがとうございました^^

見ていただけただけでも嬉しく思ってますので!

 

 

p.s. この前の日曜日はお店お休みいただきました。友人の結婚式があり昔の職場の方々とも再会、楽しい時間になりました^^僕にとっては大切な友人なので本当に嬉しく思います、本当におめでとう!!

 

 

僕と自家製靴店のHPはこちらから

ご来店のご予約もお問い合わせからご連絡くださいね^^