靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

靴教室はじめました?

 

オリジナルラインのレディースショートブーツ。

修正を兼ねて二足目を作っておりました。

先日縫いに出してきたところ。

f:id:yu_matsuo:20160911220517j:plain

 

 

ソールは糸が切れない工夫を。

薄く革包丁で切り込みを入れ、縫ったら接着して戻します。

f:id:yu_matsuo:20160911220518j:plain

 

 

そのあとソールの接地面を磨いていきます。

これ何で磨いているかわかりますか?

f:id:yu_matsuo:20160911220519j:plain

 

 

答えはガラス片。

ガラス板に切り込みを入れ、板チョコのように手で折ってガラス片を作ります。

そのガラス片で革を綺麗に削っていくわけです。

 

 

このあとヒールをつけていくのですが写真撮り忘れ><

一気に完成をお見せしますね 笑

こちらです。

f:id:yu_matsuo:20160911220521j:plain

f:id:yu_matsuo:20160911220520j:plain

 

 

そうです、先日作ったこれと同じ。

革を変更するだけで別の靴のようです!

オリジナルラインでは、セミオーダー感覚で革と配色を楽しんでもらいたいなと考えてます〜。オリジナルラインは来年頭頃から販売開始予定、買いたい!といってくれる方は配色などイメージしながらもう少しお待ちください〜^^

f:id:yu_matsuo:20160911220523j:plain

 

 

で、久々に記念撮影 笑

相変わらず無表情ですいません><

f:id:yu_matsuo:20160911220522j:plain

 

 

 

あと今日からこんなのはじまりました〜

f:id:yu_matsuo:20160911220524j:plain

 

 

靴教室^^

とは言っても募集しているわけじゃないのですが、ご近所の方ですごく作りたいということでお引き受けさせていただきました!

今後の募集は決めておりませんが、タイミングが合えばご相談に応じていければなと思ってます。

 

生徒さんはモノづくりがお好きな方で、初日にもかかわらずハイペースで作業は進みます。

まずはシンプルな外羽根靴を作りたいとのこと。

靴教室によって作れるレベルも違います、よくあるのは型紙は用意されていて革を裁断するところから始めるパターン。

でもうちに来ていただいた生徒さんは気合いが違いました!

本格的に作りたい!ということだったので、オーダー靴をつくるつもりで採寸をもとに木型発注。その木型を使い型紙を一から作ることにしました。

f:id:yu_matsuo:20160911220525j:plain

 

 

あっという間に型紙途中まで仕上がりました。

この調子でいけば冬前には自作の革靴を履いて出かけられそうですね^^

f:id:yu_matsuo:20160911220526j:plain

f:id:yu_matsuo:20160911220527j:plain

 

 

自分もそうでしたが一足目に作った靴は思い入れが違います。

多分履けなくなっても捨てれないと思います、それだけ時間をかけて作る靴には愛着がわくものです^^

 

秋に趣味で靴作りとか、めっちゃいいですよね。

なぜかこちらが羨ましくなってしまいました 笑

 

ということで靴教室のこともまた更新していきたいと思います。

お楽しみに^^

 

 

僕と自家製靴店のホームページはこちら。

お問い合わせはお問い合わせフォームからお願いします!