読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

靴づくりに時間がかかる理由とは?

アトリエ 製作過程 はじめ 靴の価値観

 

今日はこちらから。

先日の記事に書いていた錆び釘。

靴づくりに使うためにわざと錆びさせてます。

f:id:yu_matsuo:20160903183320j:plain

 

 

あれから数日空気に触れてどんどん錆びてきました。

ただこれだけなんですが、なんか錆びていく釘もきれいだなと思い載せてみました 笑

あれ、きれいじゃないですか?笑

f:id:yu_matsuo:20160903183319j:plain

 

 

あと色々と木型が出来上がってきてます。

僕と自家製靴店オリジナルラインの靴を作るのに使う木型。

ようやく足囲の大きさも決まり、次はグレーディング(サイズ展開)が待ってます。

f:id:yu_matsuo:20160903183317j:plain

 

 

その前にこちらの修正。

初めに作ったのが気に入ってたのですが、くるぶしが当たるようで履き口を低く修正。

単純にはき口下げれば大丈夫、と思ってたのですがこれが案外苦戦。。

f:id:yu_matsuo:20160903183318j:plain

 

 

なぜ苦戦なのかというと、初めのデザイン(フォルム)が気に入っていたので、できるだけ印象を変えたくないから。

 

でもはき口の高さを変えずにくるぶし部分だけ下げると、はき口が開いてしまったりバランスが悪くなりました><

 

で、もう一度初めから作っているのが上の写真なんですよ 笑

 

そしてサンプルを一気に作ってみました。

その写真がこちら。

f:id:yu_matsuo:20160903183321j:plain

 

 

奥の黒&黄色の靴が最初に作ったもの。

手前のものが今回のサンプル。

 

革や配色は関係ありません、今回はあくまでバランスを見るための試作。

ん〜、なんか普通?になったような、、、

 

完成後一時間経ち、、、

 

そしてまた一時間、、、

 

一度持ち帰りシャツ作りを仕事にしている弟にも聞いてみる。

客観的にはそんなに最初のものと変わらないようでした。

作っている本人は考えすぎってことのよう 笑

 

でも、ちょっとしたことでがらっと雰囲気が変わるのは確か。

数ミリのバランスだけで心地良さが生まれたりする。

その辺の判断が大切。

 

で、今もどうしようか考え中  笑

 

今日はこのままでは終われないので、この後夜も作業します><

ということで気分転換にブログ書いてみました。

 

明日、日曜日もお店営業してますのでお立ち寄りくださいね^^

 

 

《僕と自家製靴店》HPはこちらです。よかったらご覧ください^^

f:id:yu_matsuo:20160804132219j:plain