読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

オーダー靴の楽しみ方とは?

制作過程 お客さん靴 制作過程 外羽根 靴の価値観 製作過程 はじめ アトリエ

 

本日2本目の記事です。

2本目はオーダー靴の引き渡しのお話を。

 

5月か6月に(曖昧ですいません。。)オーダーくれたお客さん。

大学時代の友人なんですがアパレルのお仕事をしており、面白いものが大好きな方です。

 

そんな友人がオーダーくれた靴はこちら。

f:id:yu_matsuo:20160829145950j:plain

 

 

まさかの逆光!

西日にやられました 笑

 

それでもなんとか一緒に来てくださった方に撮っていただきました。

この日はちょうどカーキ色のパンツを履いていたので靴とよくマッチしてました^^

f:id:yu_matsuo:20160829145952j:plain

 

 

本体はカーキの革に靴ヒモとソールはナチュラル。

カジュアルな服装にもよく合う革靴ができました。

 

スニーカー好きな人は、革靴って聞くと履きこなせるか心配になるかもしれませんが、僕が作っている靴はカジュアルな方が多いので、革靴になじみが少ない人には入りやすいかもしれませんよ^^

 

で、友人の同僚の方々も来てくださいました。

同僚の方が近く結婚されるそうで、そのお祝いにと友人からまた一足オーダーいただきました。ありがとう&おめでとうございます^^

みなさん東京の方ですが、距離があってもオーダーできますよ^^

f:id:yu_matsuo:20160829145953j:plain

 

 

ちなみにオーダーは採寸から始まります。

こんな風に足のポイントを計測し、このデータとお話を伺い足の特徴をつかんでいきます。

そしてお客さん専用の木型をこしらえていきます。

f:id:yu_matsuo:20160829145949j:plain

 

 

こんな感じで男性女性、オリジナルの靴が作れますので気になった方はご連絡くださいね!

info@boku-zikasei.com

 

 

 

そしてこちらの靴。

先ほどの友人の靴に結構似ているんですが、また別のお客さんの靴です。

f:id:yu_matsuo:20160829145954j:plain

 

 

一見そっくりにも見えますが製法も違い、何よりもその人の足に合わせて作ってますので履き心地が違うわけです。

 

これも以前の記事に製作過程ありますので、よかったら一緒にご覧ください。

 

 

後ろのタテバチはベロアにしました。

少しのアクセントで雰囲気がガラッと変わるので面白いです^^

f:id:yu_matsuo:20160829145955j:plain

 

 

ソールは茶色。

少し暗めの色にすることで重厚感も出ます。

カジュアルなのか?シックなのか?

この辺遊んでみるのもオーダーの醍醐味ですよ^^

f:id:yu_matsuo:20160829145956j:plain

 

 

で、完成。

靴ヒモはとりあえず付けてみました。

引き渡しの時にまた選んでもらいます^^

f:id:yu_matsuo:20160829145959j:plain

f:id:yu_matsuo:20160829145958j:plain

f:id:yu_matsuo:20160829150000j:plain

 

 

そんなこんなでオーダー靴、気軽に作れますし愛着のある靴になるので、ぜひご来店お待ちしております〜

 

 

《僕と自家製靴店》HPはこちらです。よかったらご覧ください^^

f:id:yu_matsuo:20160804132219j:plain