靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

どうなった?試作ブーツのつづき

 

ちょっとサボってましたブログ書くの。

ブログ用に写真を撮っているのですが、見返すとどっさりあり慌ててブログ書き出しました 笑

 

前回の記事では試作ブーツ途中まで。

ソールを縫い屋さんへ出してきました。

f:id:yu_matsuo:20160829145948j:plain

f:id:yu_matsuo:20160829150001j:plain

 

 

ヒールを取り付けるとこんな感じに仕上がりました。

ソールはあえて染めず粗い感じに仕上げています。

f:id:yu_matsuo:20160829150002j:plain

f:id:yu_matsuo:20160829150003j:plain

f:id:yu_matsuo:20160829150004j:plain

 

 

続けて同じデザインで革を変更して作ってみます。

オイルをたっぷりと含んだヌメ革を使っています。

f:id:yu_matsuo:20160829150005j:plain

 

 

アッパーを作りさっそく吊り込んで(木型に沿わして)見ると、あれっ?なんか色が薄くなったような、、、

f:id:yu_matsuo:20160829150009j:plain

 

 

元の状態がこれ。

f:id:yu_matsuo:20160829150010j:plain

 

 

これを吊り込んだ靴と比べてみます。。。

ほら、やっぱりこんなに薄い!

f:id:yu_matsuo:20160829150011j:plain

 

 

なんで薄くなったと思います??

革問屋さんでそういえばこんなこと聞いてました。

 

「オイルが逃げる」と。

 

なんのことやらですよね 笑

実はオイルをたくさん含む革は、革を引っ張るなど圧力を加えると色が変化します。

革の中にあるオイルが移動する、圧力を加えることでオイルが逃げていくってことなんです。

 

だからこんなに色が薄くなったように見えるんです。

まあ逃げたからよくないってわけでもないので、僕的にはそんなに気にはならないところなんですが。

 

続けてソールとなる革を貼り、

f:id:yu_matsuo:20160829150012j:plain

f:id:yu_matsuo:20160829150013j:plain

 

 

切り回していきます。

するとこんな感じ。

f:id:yu_matsuo:20160829150014j:plain

 

 

これも先ほど同様、縫い屋さんへ出すので溝を掘っておきます。

ちなみにこれはマッケイ製法という靴の作り方。

f:id:yu_matsuo:20160829150015j:plain

 

 

この靴はここまで!

ちょっと一つの記事にまとめられないので、次の記事へ。

よかったら引き続きご覧下さい〜^^

 

 

お店の情報はこちらからどうぞ⇩

世界に一足の思い出《僕と自家製靴店》