読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

【オーダー靴のための知識】仮靴って何?

制作過程 お客さん靴 アトリエ 革に関すること

 

オーダーくつの修正

 

先週、オーダーいただいたお客さんが仮靴を履くためにご来店いただきました。

 

仮靴って何?

読んでそのまま仮履き用の靴のことです。

 

オーダー靴なので、最初にご来店いただいた際にまずは採寸させていただきます。

その上で「どの木型を使おう?」「どんなデザインにしよう?」「どの革を使おう?」と楽しみながら選んでいただきます^^

 

ご要望をまとめ、このまま本番の靴製作にとりかかることは稀で、まずは「本当に足に合うのか?」を確認するため仮靴と呼ばれるためしばきの靴を先に作るんですね。

 

 

人の足って本当に難しいんです!!

 

計測した日のコンディションや時間帯だけでも、むくみなどの影響から大きく変化する場合もあります。

 

体重の増減や関節の硬さによっても変わったりします。

 

あとは靴下も大きく影響しますよね。

夏と冬では靴下の厚みがずいぶん変わる可能性があるわけです。

 

もう一つ挙げるとすれば、それぞれの感覚もあります。

いくらこれが正しいと言ってもお客さん自身が合わないと思えば合わない靴になるわけです。

 

お店での靴選びも同じですので、靴を買いに行くときはご自身のコンディションや靴下のことなども頭に入れてみると良いかと思います。

 

 

こういったことを考慮して採寸し仮靴を一度作っておく方が、お客さんも不安を取り除けるわけなんですね!

 

今回仮靴を履きに来ていただいたお客さんはというと、、、

木型もオリジナルサイズで作らせていただいたのですが、少し大きいようでお店にあるベースサイズの木型に厚みを加えることに変更しました。

 

もう一度仮靴を作ることにします。

早速、型紙から作り直します。

f:id:yu_matsuo:20160728141854j:plain

 

甲の厚みを大きくするため木型に革を貼りフォルムを変更しています。

f:id:yu_matsuo:20160728141855j:plain

 

高さが出るのでシワが出ないようベロ部分は切り替えることに。

f:id:yu_matsuo:20160728141856j:plain

 

かかとに入れるカウンター芯。

オーダー靴はサイズが異なるので、パーツも全て作り出していくわけです。

床革を革包丁で削って作ります。

f:id:yu_matsuo:20160728141857j:plain

 

そして吊り込むとこんな風に〜

f:id:yu_matsuo:20160728141859j:plain

 

比較画像ありませんが甲部分(紐通し部分)の高さがずいぶんと出たのがわかります。

これでおそらく窮屈さが解消されると思います。

f:id:yu_matsuo:20160728141900j:plain

 

今週末にもう一度履いていただく予定なので合えばといいですね。

 

 

 

須磨にある靴屋さん

 

先週の休日に須磨にある「こうべくつ家」さんへ遊びに行かせていただきました。

f:id:yu_matsuo:20160728141853j:plain

 

JR須磨駅からすぐのところにお店があります。

店主の森田さんは僕の卒業した西成製靴塾の大先輩にあたる方で、僕自身森田さんの靴を見たことがきっかけで靴づくりに興味を持ち始めました。

 

久しぶりにお店も拝見させていただいたのですが、表情のある靴たちが並んでおりずっと眺めていても飽きない感じでした^^

 

正直に言うと靴作りって孤独なところもあるので、元気をもらえればな〜という気持ちでお会いしてきました 笑

 

数ヶ月前から職人見習いで入られた古河さんにも会え色々お話できて元気が出ました^^

 

写真ないのでHPリンク貼っておきます。

ご興味ある方は遊びに行ってみて来てくださいね^^

こうべくつ家さんのホームページ

 

何で靴屋なのに他の靴屋を紹介するのかって?

自分が大好きな靴屋さんだからです^^

それだけです(笑)

 

 

 

オリジナルラインの靴

 

先日はメンズサイズで作ってみたのですが今回はレディースサイズで。

頭で考えていても先に進まないことたくさんあります。

とにかく今は自分を信じてみて、どんどん形にしてみます!

失敗しても誰からも責められません(笑)

 

たまにわからなくなったら友人の意見を聞いてみたり。

来年の早い時期に個展やイベント、アパレルショップなんかにも営業したいなと考え中です!

f:id:yu_matsuo:20160728141902j:plain

f:id:yu_matsuo:20160728141905j:plain

f:id:yu_matsuo:20160728141907j:plain

f:id:yu_matsuo:20160728141906j:plain

 

ちなみに使っている革は植物タンニンなめしのヌメ革。

植物の渋で染められた革はこんな風に経年変化が起きるんです。

右の薄いオレンジが変化前、左の赤茶が数週間日に当たったものです。

f:id:yu_matsuo:20160728141901j:plain

 

靴にした時、オレンジ強いかなと思ったけど経年変化するといい感じになりそうですね。黒やこげ茶などは色の変化がわかりにくいので、楽しみたい方は明るめの革がやっぱりオススメですね^^

 

まとめて記事にしてしまいましたが、日々靴作りしておりますのでお気軽に遊びに来てくださいね!

 

お店の情報はこちらからどうぞ⇩

世界に一足の思い出《僕と自家製靴店》