靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

ヌメ革を育てる靴?

 

7月4週目

大阪は梅雨も明け夏らしい日が続いてます。

 

昨年3月会社員を辞め、4月から丸一年製靴塾で靴づくりに没頭。

今年の5月にはお店兼アトリエをオープンし、試作やオーダー靴を作る日々。

なかなか思うようにいかないことの方が多い毎日(まあ当たり前か〜 笑)。

 

やらないといけないと思う気持ちが強くなりすぎていたので一息置くことにしました><

しばらくは気分を優先しながら、靴作りを楽しみたいと思います。

  

さて、前回の記事に書いていた新しく購入した革のこと^^

この革を使いサドルシューズを作ります!

昔からオレンジ色の革が好きでついつい選んでしまいます 笑

f:id:yu_matsuo:20160714113737j:plain

 

 

まずは試作から。

この写真、実は試作2足目。

1足目は失敗。写真もありません〜><

f:id:yu_matsuo:20160720204127j:plain

 

以前作った女性用のサドルシューズを、今度は男性用にして作ってみます。

これは履き口になるかかとのパーツ。

裏側はこんな風になってるんですよ。

f:id:yu_matsuo:20160720204128j:plain

 

ちなみに黒色テープは縫割りテープと言って、縫い合わせた箇所が破けてこないように。

白色テープは履き口の伸び止めテープ。

履いているうちに履き口が伸びてこないようにこういう工夫をしてます^^

 

そしてアッパー(靴の上側)ができました。

靴ひもを通すパーツには、こちらも新しく買ったベロア(スウェード)を使用。

ベロアは濃い色にすると重くなるので、爽やかにこんな感じで。

f:id:yu_matsuo:20160720204129j:plain

 

 

次に木型につりこんでいきます〜

左右ずれないようバランスチェック!!

f:id:yu_matsuo:20160720204130j:plain

f:id:yu_matsuo:20160720204131j:plain

 

 

底はこんな風に釘で仮止めするんです。

f:id:yu_matsuo:20160720204132j:plain

 

 

上から見るとこんな感じに^^

f:id:yu_matsuo:20160720204133j:plain

 

 

つま先も吊り込めば、この靴の雰囲気はほぼ見えてきました〜

革で雰囲気がガラッと変わります^^

f:id:yu_matsuo:20160720204134j:plain

 

 

以前作った女性用のがこれ。

全然雰囲気違うでしょ?どっちが好きですか?笑

f:id:yu_matsuo:20160613103518j:plain

 

 

ちなみに今回買ったオレンジ色の革はヌメ革というもの。

革にも種類があり、ヌメ革は経年変化するのが特徴なんです。

雨などに弱いので靴にヌメ革を使うことはわりかし少ないんですが、しっかりケアしながら履くと数年後にはめちゃめちゃ雰囲気のある自分だけの靴に育っていきますよ^^

 

僕は野球少年だったのでグローブを育てるのが好きでした。

あと、まっさらのデニムを履きこんでいくのも好きでした^^

 

感覚的には同じです!

靴って綺麗に履き続けることをイメージしますが、今言ったように履き込んで味が出るヌメ革の靴もあるんですよ〜

 

男性の感覚にも思えますが、女性にも本当にこれオススメです^^

女性が履き込んで雰囲気のある靴履いてると絶対カッコ可愛いはず!

 

そんな靴作っていきますので、完成したらお店にも遊びに来てくださいね^^

 

お店の場所はHPよりどうぞ

《僕と自家製靴店》オーダー靴・オリジナル靴を製作中。

小さなお店兼アトリエですが製作過程もご覧になれますよ!