読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

靴づくりは革選びから

 

依頼していた木型が出来上がってきました。

リピートと新しい型があります。

ちなみに右端の木型は女性用、形がすごくきれいだったのでパンプスやローファーに良さそうです^^

f:id:yu_matsuo:20160714113726j:plain

 

早速、届いた木型で型紙をおこしていきます。

一つの靴を作るのにこれだけの型紙を作ります。

オーダー靴だと一足ごとにこの型紙をおこしているんですよ〜笑

f:id:yu_matsuo:20160714113728j:plain

 

新しい木型についてはオーダーでも使えますので、一度お店でご覧になってみてくださいね!

 

 

先週の木曜日には革問屋さんへ伺いました。

今回は定番の靴を作るための革選び。

なので革選びも慎重です、考えすぎて度々夢で目覚めることもあったり 笑

 

というわけで今回二種類の革を購入しました。

この革で試作をし問題ないようなら、他の色も揃えていく予定です^^

 

で、早速持ち帰った革で作ってみることに。

f:id:yu_matsuo:20160714113729j:plain

 

 

以前作った左のサドルシューズのタイプを作ります。

本当はこの革でじゃなく、もう一つの革で作る予定だったのですが後日届くため、こちらの革を試してみます。

 

f:id:yu_matsuo:20160714113730j:plain

 

結論から言えばこの靴には合わなかったかな 笑

この革は少しツヤがあり色のバリエーションもあるので女性向けの革なんですね。

ぼてっとしたデザインにはしっくりこない感じでした〜

 

これも想像だけでは判断できないところなんです、一度作ってみる価値はあります。

 

 

次にブーツタイプでも試してみます。

写真一気にどうぞ〜!

f:id:yu_matsuo:20160714113731j:plain

f:id:yu_matsuo:20160714113732j:plain

f:id:yu_matsuo:20160714113733j:plain

 

f:id:yu_matsuo:20160714113734j:plain

 

靴底になる革を貼り付けたところ。

ここまでくると「靴になってきたな〜」という実感が湧いてきます。

f:id:yu_matsuo:20160714113736j:plain

f:id:yu_matsuo:20160714113740j:plainf:id:yu_matsuo:20160714113739j:plain

 

綺麗めが好きな人には良い革かもしれません。

個人的にはさっぱりしていて、はまるデザインがあればきっといい感じに使えると思いました。

 

と作業していたところ、ばっちりのタイミングでもう一つの革が到着。

早速開封〜!

f:id:yu_matsuo:20160714113737j:plain

 

写真だとわかりづらい?かもしれませんね。

オイル感があり少しワイルドな雰囲気なのですが、意外にこういう革で作る方が可愛い靴ができたりするもんです。

 

この続きは次回お届けしますね。

 

 

P.S.

アトリエ(お店)に日差しが!!

お隣の建物の取り壊しがあり、室内が一気に明るくなりました。

しばらく何も建たなかったら嬉しいのですが!

f:id:yu_matsuo:20160714113735j:plain

 

お店の場所はこちらから。営業時間もご確認くださいね!

 

それではまた^^