読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

【電車で読んでくださっている方】そっと足元確かめてみては?

 

久しぶりに更新^^

ここ最近あまり作業していなかったので更新できてませんでした。

 

オーダー靴と同時に既製ラインの靴を作って行こうと、頭の中での作業が続いてます。

「既製ライン」っていうのは、いわゆる完成品のことです。

そのまま販売、もしくは受注生産できる靴のこと。

 

ちなみに「オーダー靴」は、その人の足にあった木型を作り、本当にその人だけのために一から作るんですね。

 

やっぱりオーダーしたい方にも色々と完成形の靴がある方が視覚的にもわかりやすいし、完成品ならいろんなイベントや個展なんかも参加できるので、たくさんの人に知ってもらえるチャンスが増えるわけです^^

 

そんなこんなで頭の中での作業が続いてます(笑)

f:id:yu_matsuo:20160704204856j:plain

 

 

あっ、お店はこの通りOPENしているので、いつでも遊びに来てくださいよ。

相変わらずの無表情すいません><

f:id:yu_matsuo:20160704204848j:plain

 

 

一応一足作りかけていたものもあったんですがイメージとかなり違ってきてたので、途中で作るのやめてしまいました。

ちなみにこんなやつです〜。。

f:id:yu_matsuo:20160704204844j:plain

f:id:yu_matsuo:20160704204846j:plain

f:id:yu_matsuo:20160704204850j:plain

f:id:yu_matsuo:20160704204851j:plain

 

なんかお菓子のパッケージぽい?

なんか気が乗らなかったので、とりあえず置いておきます。。

 

 

また別の話を。

思いついたこと書きますね(笑)

 

靴の表情で好きなところの話、少しマニアックな話です(笑)

 

靴を作る人って靴の中で好きなポイントがあると思うんですよ。

僕はカジュアルな革靴が好きなので、綺麗な革靴よりもどこか人の手仕事が残っていたりする方が好きなんですね。

 

靴って作って終わりじゃないですよね、履く人が自分の足に馴染ませ育てていく感じ。

靴というか革自体がそうなのかもしれませんが。

 

履き込んでいくうちにやっぱり傷が入ったり、削れてきたりするんですが、僕はそこが好きだし楽しめるポイントだと思ってます。

 

今日眺めていたのはこれです。

f:id:yu_matsuo:20160704204852j:plain

 

そうです、靴底です。

靴の裏なんて汚いしわざわざ見たくないわ!と思う人も多いはず><

 

でも僕は好きなんです。

ショップで買った靴だとなかなかこのいい感じに削れた雰囲気出ないんですよ!

まさに"自家製靴"の象徴のような感じがします(笑)

f:id:yu_matsuo:20160704204853j:plain

f:id:yu_matsuo:20160704204854j:plain

 

マニアックなことなんでついてこれてなかったらすいません(笑)

普通靴底なんて見ないですもんね><

 

せっかくなので役立つ情報も入れておきますね。

この写真を見てください〜

f:id:yu_matsuo:20160704204855j:plain

 

右足のかかとが少し減っていますよね?

そうです、黒色のゴム部分です。

 

このまま履き続くているとどんどん斜めに削れていきます。

安い靴で捨てるつもりならそのままでもいいんですが、僕らが作ってる靴は基本的に捨てることはありません。

修理しながらできるだけ履き続ける靴なんですね。

 

写真で見ると革を何枚か重ねてヒールが作られているのがわかります。

ゴム部分が削れ、革部分が削れると修理も大変になり、修理代がぐっと高くついてしまいます。

なのでゴム部分が削れ終わる前に修理に出してください!

そうすると靴へのダメージも減り、修理費用も安く済みます^^

 

忙しいと忘れがちになるものです。

電車で読んでくださっている方、そっと足元確かめてみては?

  

《僕と自家製靴店》のホームページです