読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

モノをプレゼントしているようだけど実は…

 

こんにちは〜

"世界に一足の思い出" を贈るオーダー靴店《僕と自家製靴店》の松尾です。

 

最近の悩みといえばお店にパソコンがないこと!

ブログの更新やその他デザイン関係の仕事をしたいのにお店ではできない!

なので自宅に帰ってやったり、どうしても作業することがなくデザイン関係の仕事が必要な時は不在になったりしてます><

 

あっ、今日から営業時間変更になったのでもう一度お伝えしておきますねー

土日は11:00~18:30

月火水金は16:00~19:00

木は定休日

 

となってますのでよろしくお願いします。

不在する場合はホームページ右上のツイッター欄に更新しますのでご来店前ご確認お願いします!

 

 

さて昨日は父の日でしたね。

何かプレゼントはしましたか?

 

僕はここ数年、母の日も父の日もケーキを買っていたのですが今年はこれにしました。

(*地元情報:上新庄駅前にあるケーキ屋プチプランスGOKANもプロデュースする地元の人行きつけのケーキ屋さんです。ついでにもう少し宣伝、上新庄駅構内にある小倉山荘というせんべい屋、ここうちの母親が店長してるので良かったら買いに来てやってください。個人的には嵯峨乃焼きが好きで15年以上前から食べ続けてます 笑)

 

話戻しますね!

そうです、これ↓

f:id:yu_matsuo:20160620192459j:plain

 

革のスリッパです。

ヒールも付いているので、近所のコンビニなど行くときに履くのも良し。

家で履いても全然大丈夫だし、会社の室内履きにしても大丈夫。

持っていれば何かと便利なやつです^^

 

自分も父親も面と向かってプレゼントをあげたり、お礼を言ったりする感じでもないのですが、雰囲気でまあ喜んでくれてることは感じ取れました 笑

 

親子関係だとこういうことが苦手な人は結構いると思います。

何か照れくさいというか、わかりますよね?笑

 

そんな僕ですが "世界に一足の思い出" を贈るオーダー靴店を始めちゃったので、照れてばかりもいれないですよね。

 

逆に照れてプレゼントを渡しにくい人には僕のようなお店を使うのもアリだと思います。

両親じゃなくても、恋人でも友達でもいいです。

 

モノを贈る(貰う)ことって、モノ自体よりも気持ちの部分で嬉しいですよね。

僕自身で言えば最近は物欲がなくなって正直欲しいものなんてありません。

 

でもプレゼントを貰ったらそれは確実に嬉しいと思います。

だってそれはその人からの気持ちだから。

 

《僕と自家製靴店》の場合、オーダー靴だからモノではあるけど、他のオーダー靴と違うのは "世界に一足の思い出" を贈るということ。

 

簡単に言うとプレゼントしたい人をサプライズでお店に連れて行き、靴のオーダーというおそらく今までに体験したことのない経験をプレゼントできる。

 

そうすると、そりゃ嫌でも記憶に残ります!笑

 

プレゼントした人も貰った人もどっちも楽しい思い出として記憶に残る。

そこが普通の靴屋やオーダー靴屋とは違うところです。

 

なので事前の打ち合わせなども全然OK!

もし靴以外でサプライズのご要望などあれば一緒に打ち合わせしても楽しいかもしれませんね^^

 

そんな感じで僕は靴作家ですが面白いこともしたいので、敷居の高い靴店とは違うのでご安心くださいね!

 

 

HPのお問い合わせからサプライズのご相談あれば連絡ください^^

確認次第、お返事いたしますので!

 

 

www.boku-zikasei.com