読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

靴の木型、アトリエDIY、オーダー靴など

アトリエ 制作過程 お客さん靴

 

4月3週目

今週も引き続き木型作りをメインに作業しておりました。

 

靴作りに必要な木型。

これで靴のフォルムが決まるわけです。

f:id:yu_matsuo:20160416092807j:plain

f:id:yu_matsuo:20160416092804j:plain

f:id:yu_matsuo:20160416092805j:plain

 

 

木型に革を足したり削ったりして、自分なりのフォルムを目指すのですがこれが難しい。

フォルムのラインで言えば1mm~2mmほど革を足すだけで雰囲気ががらっと変わったり。

もっと細いラインにしたいので少し削ってみると足あたりが悪くなったり。

見た目も大切なんですがもっと大切なことは機能性なんですね。

足あたりができるだけ良い靴を作りたいので、デザインとの兼ね合いが難しいところなんです。

写真は作った木型を靴にして確認しているところ。

ここまでしてみないと雰囲気がつかめないので結構な時間がかかってるわけなんです!

f:id:yu_matsuo:20160416092809j:plain

f:id:yu_matsuo:20160416092810j:plain

 

 

 

木型作りと並行しながら、アトリエに必要な看板作りもしてみたり。

晴れた日に黒板塗料で塗装〜

木の板にこれをふりかけるだけで黒板に変身!ですが塗料が足りませんでした 笑

f:id:yu_matsuo:20160416092806j:plain

 

 

足らなかった塗料は、後日買い足しました。

はじめはスプレータイプを使ったので、次は試しにペンキタイプを使ってみました。

一長一短ありますが、どちらも楽しめたのでオススメです^^

 

一枚は部屋を入ったところの壁に貼ることに。

何を書くかは決めてませんが、黒板を貼ることで雰囲気が良くなりそうなので^^

f:id:yu_matsuo:20160416092808j:plain

 

 

残りの二枚は組み立て、マンションの入り口に置く案内看板に。

蝶番でとめると、、、

f:id:yu_matsuo:20160416092811j:plain

 

 

立派な?看板に!

両面書けるところがポイントです^^

f:id:yu_matsuo:20160416092812j:plain

 

 

夜だったのですが早速入り口に置いてみました。

人通りの少ない、絶対に靴屋があると気づかない場所なんで、こいつが大活躍すること間違いないでしょう〜笑

f:id:yu_matsuo:20160416092813j:plain

 

 

 

あともう一つ。

在学中最後に完成した靴ですが、友人へやっとお渡しすることができました。

試作が続き、何度も試し履きしてくれてありがとう!

この靴でまた一つ成長できました!

いっぱい履いてもらえたら嬉しいです^^

f:id:yu_matsuo:20160416093139j:plain

f:id:yu_matsuo:20160416093140j:plain

 

 

そんな感じであっという間の一週間。

西成製靴塾時代の同期や帽子会社時代の先輩がアトリエに来てくれたり、気持ち的にも助けてもらってます。

あと二週間ほど、おそらく何も揃ってないところからの靴屋オープンになりそうですが、できるところまで準備は進めていきたいなと思います!