読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

革から靴のカタチになるまで

制作過程 お客さん靴 制作過程 モニターお客さん

 

11月23日勤労感謝の日ですね。

先週は姫路のタンナー工場見学にも行き、少し靴づくりについても色々考えさせられた一週間でした。

 

制作はというと、底付け工程から2足同時に進行中です。

2足ですが、使っている革が同じ、外羽根のメダリオン(孔飾り)付きという被り具合のため、ややこしいのですが注意してみてみてください 笑

 

まず女性のお客さんの靴から。

革の裁断を終え、折り込みから。

こうやってカーブは丁寧に折り込まないとガタガタになってしまうので慎重に。

f:id:yu_matsuo:20151123012827j:plain

 

 

少し間飛んでしまうのですが、こんな感じに。

さっき折り込んだのは靴の両サイド部分(腰部分)です、それをつなぎ合わせています。

つま先からベロにかけてのパーツ(写真左)は、メダリオンの孔を開けました。

メダリオンの柄は「四つ葉のクローバー」にしました。

女性の方なので綺麗めなモチーフがいいなと思っていて、四つ葉のクローバーだと履いていて運も良さそうなのでこれにしました^^

f:id:yu_matsuo:20151123012828j:plain

 

 

こちらのピンクのパーツはライニング(裏貼り)です。

木型が少し大きいようだったので、かかとが脱げにくいように革の裏側を表に持ってきました。

f:id:yu_matsuo:20151123012829j:plain

 

 

で、表とライニング(裏貼り)を貼り合わせるとこんな感じです。

徐々に靴らしくなってきます。

f:id:yu_matsuo:20151123012830j:plain

 

 

そして組み立て縫製すればアッパーの完成です^^

f:id:yu_matsuo:20151123012831j:plain

f:id:yu_matsuo:20151123012832j:plain

 

 

アッパーができれば、次はそれを吊り込んでいきます。

木型に中底になる革を固定し、その中底にアッパーを引っ張り釘で固定。

f:id:yu_matsuo:20151123012834j:plain

f:id:yu_matsuo:20151123012833j:plain

 

 

この吊り込みなんですが、とめていく順番など人それぞれなので、自分がやりやすいようにやっています。

僕の場合は全体的に仮止めをし、まずはかかと側の後ろの方から吊り込みます。

そしてつま先側の表革を外し、ライニングをしっかり吊り込み、糊で固定。

その上から先芯を貼り、表革も被せて吊り込んで行ってます。

この辺は色々試してみる方が良さそうですね〜

f:id:yu_matsuo:20151123012835j:plain

 

 

外反母趾のため木型修正が左右で異なります。

そのため吊り込みでバランスをとるのが難しかったですね。

f:id:yu_matsuo:20151123012836j:plain

f:id:yu_matsuo:20151123012838j:plain

f:id:yu_matsuo:20151123012837j:plain

 

 

底にシャンクという体重を支える金具を入れます。

f:id:yu_matsuo:20151123012839j:plain

 

そして本底を貼れば見た目はもう靴ですね。

これも少し大きめの本底を貼り、革包丁で整えていくんです。

本底は結構硬いんですよー><

f:id:yu_matsuo:20151123012840j:plain

 

 

マッケイ製法で作ります。

簡単に言うと本底と中底を糸で縫ってしまう製法です。

返りがよく足になじみやすいのが特徴なんですよ^^

これは本底に切れ目を入れ溝を掘っています。

この溝に糸を縫っていくわけです。

f:id:yu_matsuo:20151123012842j:plain

 

 

こちらの写真は男性のモニターの方の靴です。

こちらも同じように本底を貼り、溝を掘ります。

f:id:yu_matsuo:20151123012841j:plain

f:id:yu_matsuo:20151123012843j:plain

 

 

で、いつもは手縫いをするのですが、今回は機械でマッケイします。

機械の場合は自分では出来ない作業なんですよ。

縫ってくれるところがあってそこへ持ち込みます。

 

今回は写真の許可もいただけたので載せちゃいますね。

動画も撮ったんですけど、残念ですがブログに貼れなかったので写真で><

f:id:yu_matsuo:20151123012844j:plain

 

 

「ガッタン、ガッタン、ガッタン、、、」と大きな音を立てながら縫い上げていきます。

縫っていただいている方はこの道50年以上だそうです!

まさに職人さんです。

f:id:yu_matsuo:20151123012845j:plain

 

 

縫うとこんな感じになります。

内側(中底側)はこれ。

f:id:yu_matsuo:20151123012846j:plain

 

 

外側(本底側)から見るとこんな感じです。

f:id:yu_matsuo:20151123012847j:plain

f:id:yu_matsuo:20151123012848j:plain

 

 

これを手縫いでやると1足で半日はかかる作業なんです><

だから実際に手縫いでやっている人はいないに等しいらしいです。

今は勉強も兼ねて手縫いもしていますが、本当に大変な作業なんですよ 笑

 

 

次はヒールをつけていくのですが、まずはハチマキを作ります。

靴底って平らなようで平らじゃないんですね。

なので平らになるようにハチマキをつけるわけです。

f:id:yu_matsuo:20151123012849j:plain

f:id:yu_matsuo:20151123012850j:plain

f:id:yu_matsuo:20151123012851j:plain

 

 

先週の作業はここでおしまい。

今週には完成させたいですね〜