靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

パワプロでいう「逆境◯」習得中(笑)

 

ブーツ制作のつづきから。

コバをすくい縫いしていく続きですね。

なかなか通りにくいので試行錯誤、糸の太さを変えてみたりもしましたが最初のやり方が一番だと判り本来のやり方に戻しなんとか完成。

f:id:yu_matsuo:20151017143452j:plain

 

 

靴底の段差はコルクシートを重ね平らにしていきました。

f:id:yu_matsuo:20151017143453j:plain

 

 

靴底の革はダブルソール(厚みのある革を2枚重ねにすること)にしてみようと思います。

一般的な革靴は1枚なんですよ。

厚みが出ると出し縫いが大変らしいのですが。

写真は1枚目の革を貼っつけたとこですね〜

f:id:yu_matsuo:20151017143454j:plain

 

 

で、二枚目です。

糊付けして乾燥中。。。

靴用の糊は乾燥させないと付かないんですよ。

f:id:yu_matsuo:20151017143455j:plain

 

 

そして貼り合わせ切りそろえると、、、

こんな感じ^^

f:id:yu_matsuo:20151017143456j:plain

 

 

想像以上に厚みが出てしまいました。。

もはやトリプルソール!?

さてさて、出し縫いできるでしょうか?笑

f:id:yu_matsuo:20151017143457j:plain

 

 

出し縫いのため孔をあけてみようと試みましたが、撃沈。

硬すぎて開きません。。

しようがなく前回購入していた電気ドリルで孔を開け、少し縫っていきました。

これが大変で時間もかかるのできついなあ〜と思っていると、養成テープが思っていたよりくっついていることに気づきます><

やばいなあ〜と思い少し捲ってみると、もう手遅れでした><

しっかりアッパーの表皮を剥がしてくれましたよ。。。

f:id:yu_matsuo:20151017143458j:plain

f:id:yu_matsuo:20151017143459j:plain

 

 

こうなってくるともうやる気も出ません。。

心が折れたのでここで終了です。。

 

 

と思っていたのですが!!

 

 

なんか悔しい。

帰っても、次の日になっても頭から離れないので、物は試しにこいつで遊んでみることにしました。

靴を作るとわかるのですが傷がつかないように丁寧に扱っているので、完成する頃にはこの靴を加工してみようなんて思わないんです。

今回そういう意味では良い機会ですので、思い切って遊んでみたいと思います。

 

まずはヒールをつけます。

ここでも左右のヒールを付け間違う始末。。

こういう時は行くとこまで行く方が、結果として面白いものができるはずです。

ヒール底に打つ釘もしっかり打ち込めず折れ曲がってもそのままに。(一度心が折れた証ということにでもしておきましょう 笑)

コバのステッチも所々だけ縫うことに。

 

で、ここから。

アンティーク加工なんていう良いものじゃありません。

全体的にヤスリやグラインダーで無造作に傷を与えます。

 

このあと水の中でもみ洗いし、シワを付けていきます。

この写真の右足は前日試しにやってみました。

f:id:yu_matsuo:20151017143500j:plain

 

 

そしてシワを付け乾燥中です。。。

乾燥後にインクを入れ込んでいく予定です。

f:id:yu_matsuo:20151017143501j:plain

 

 

なかなか靴も心もハードな感じに 笑

失敗は成功のもと、こういう機会が気づきになり後々生かされるはずです。

来週の完成をお楽しみに^^笑

 

 

よかったら【読者登録】お願いします^^ 

このページ上段右のプロフィール欄にございます。