読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

【はじめてのお客さんの靴】完成しました^^

 

お客さんの靴づくりもいよいよ完成間近です。

先週マッケイ製法での底付けの様子を撮り忘れていたので、今日はその続きから。

靴底をこんな風に手縫いしていくんです。

f:id:yu_matsuo:20151010131155j:plain

 

 

ただ糸を縫う為の孔を開けるのが大変なんですね><

孔は写真のように靴底と、履き口の方にも一枚革(中底といいます)があります。

1cm以上の厚みになるわけです。

で、これを貫通させる為にキリのようなものを使い金槌で叩くわけですが、孔がしっかり開かなかったり、キリのような道具の刃が曲がってしまったりするわけです。

孔が狭くなると縫うときに糸が切れる原因にもなるので大事な工程です。

 

そこで試してみたかったことがこちら。

f:id:yu_matsuo:20151010131156j:plain

 

 

電気ドリルです 笑

孔は大きくなると機能的にもダメなので、いけるか心配だったんですが問題なく綺麗に仕上がりました。

手で開けるよりも小さいかもしれないですね、よかった!!

 

f:id:yu_matsuo:20151010131159j:plain

↑ 電気ドリルで開けた靴底

 

f:id:yu_matsuo:20151010131158j:plain

↑ 手作業で開けた靴底

 

 

手縫いが終わるとまくり上げた革を戻しかかとに釘打ち。

f:id:yu_matsuo:20151010131157j:plain

f:id:yu_matsuo:20151010131200j:plain

 

 

次にかかとを水平するためのハチマキを巻きます。

f:id:yu_matsuo:20151010131202j:plain

f:id:yu_matsuo:20151010131201j:plain

 

 

その次はヒールを積んでいきます。

ヒールも基本は革なんですよ〜。

外れないように釘止めもします。

f:id:yu_matsuo:20151010131203j:plain

f:id:yu_matsuo:20151010131204j:plain

 

 

底になる革と合成底を貼ります。そしたらヒールは完成です^^

f:id:yu_matsuo:20151010131205j:plain

 

 

つま先側の接地面にも合成底を。

なくてもいいんですが、長く履いていただきたいのでつけることに^^

f:id:yu_matsuo:20151010131207j:plain

f:id:yu_matsuo:20151010131206j:plain

f:id:yu_matsuo:20151010131208j:plain

 

 

ここまでできたら次は塗装です。

まずは写真のフノリというもので、革の表面をならします。

f:id:yu_matsuo:20151010131209j:plain

 

 

この通り綺麗になり、色もアメ色に変わりましたね。

f:id:yu_matsuo:20151010131210j:plain

 

 

靴底は黒色でカジュアルすぎないように仕上げることに。

あとはロウと熱コテで防水加工すると完成です^^

f:id:yu_matsuo:20151010131211j:plain

 

 

今回初めてのお客さんの靴作りということで、傷をつけないようにと神経を使いました。

今まではどこか傷が入っていたのですが、綺麗に仕上がりましたよ^^

最後に中敷きを入れ、靴クリームで磨いてやると本当に完成です。

f:id:yu_matsuo:20151010131215j:plain

f:id:yu_matsuo:20151010131213j:plain

f:id:yu_matsuo:20151010131214j:plain

f:id:yu_matsuo:20151010131216j:plain

 

 

お客さんへの引き渡しは来週予定です。

足にきちんとフィットしてくれればいいのですが、履いていただくまでは安心できませんね。でも楽しみです^^

 

 

 

こちらも同時進行中のブーツ作りです。

こちらはあまり進んでいません><

ハンドソーンウェルテッド製法のためのウェルト(コバ)づくりからです。

(簡単に言うと靴の周囲の出っ張っている部分のことです。)

 

今は昔からの手縫い靴の勉強ですので、こういった付属類も基本自分で革を裁断し加工して作ります。

買ってしまえば早いんですけど、究極の手縫い靴の勉強ですから 笑

f:id:yu_matsuo:20151010131217j:plain

↑ 裁断した革の厚みを揃え、道具(写真右)で溝を掘りウェルトを作っているところ。

 

 

そして糸も買ったものをそのまま使いません 笑

数本縒った糸にチャンを塗り込んで作るんです。

こちらがその様子。片足ごとに糸作りです。

f:id:yu_matsuo:20151010131218j:plain

  

f:id:yu_matsuo:20151010131219j:plain

↑ 電線。帰り道になぜか気になって撮影。これって何度も糸作りしてたから? 笑

 

 

糸とウェルトができたら靴に縫い付けていきます。

こちらまだ途中までなんですが、糸が切れまくり試行錯誤してます。。(笑えません)

糸の太さも違うでしょ?

色々試してるんですよー、今。。

f:id:yu_matsuo:20151010131220j:plain

f:id:yu_matsuo:20151010131221j:plain

 

 

この続きはまた来週。

また自分なりにいいアイデアが出てくるといいな。

詳しい人読んでいたらコメントください!教えてください 笑

 

 

よかったら【読者登録】お願いします^^ 

このページ上段右のプロフィール欄にございます。