読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

原始的な事に気づいた、手縫いの靴作り。

こんにちは。

梅雨も過ぎ去り、大阪は連日の猛暑日でもうぐったりです。

今週の木曜日には、大阪では雷の影響で4万世帯ほど停電がおきました><

その影響で学校でも停電がありしばらく電気もクーラーも使えない状態に。

そんな中みんな靴作りの手は止めません。

電気がなくても靴作りに何の影響もないことに気づき、なんて原始的なことを毎日やっているのかと思うと笑えてきました。

それが手縫いの靴作りなんです 笑(*ミシンなどは使いますがほぼ手作業。)

 

 

で、先週の続き。

外羽根モカシン。こちらはハンドソーンという作り方をしていきます。

中底と呼ばれる足裏にあたる革底に溝を掘り、まずは吊り込みます。

f:id:yu_matsuo:20150801113054j:plain

 

 

その後ウェルトという靴のコバ部分を手縫いしていくのですが、まあこれが力とコツがあるみたいで、手は傷だらけになるは、引っ張りすぎて紐はちぎれるし大苦戦 笑

引っ張りが弱いと絞まりが悪くなるようで、その辺が難しい><

f:id:yu_matsuo:20150801113057j:plain

 

 

これがアップ画像です。

手縫いで原始的でしょ?笑

f:id:yu_matsuo:20150801113058j:plain

 

 

このウェルトも一枚の厚い革を細く切り、カンナで漉き、溝を掘り、端を斜めにそぎ落としたりと、自分たちで作っています^^

f:id:yu_matsuo:20150801113055j:plain

f:id:yu_matsuo:20150801113056j:plain

 

 

 

あと同時にこちらも進めています。

外羽根をマッケイという作り方でやっています。

前回は吊り込み途中でしたので進めていきます。

f:id:yu_matsuo:20150725183919j:plain

 

 

先芯を入れ何とか吊り込みましたが、革が短かったのでギリギリでした><

水をつけてハンマーで叩いて無理やり革を伸ばしたこともあり、少し黒くなってしまいましたがとりあえず進めます。

f:id:yu_matsuo:20150801113053j:plain

f:id:yu_matsuo:20150801113051j:plain

f:id:yu_matsuo:20150801113052j:plain

 

 

そしてここからがマッケイです。

靴底になる革を貼り付けコバを整えます。できたら靴底を薄〜く包丁で切り開き、そこに孔をあけ手縫いしていきます。

この作業は少しコツがわかってきたので、うまくできたんじゃないかと思います^^

f:id:yu_matsuo:20150801113059j:plain

f:id:yu_matsuo:20150801113100j:plain

 

 

今週は暑さでやられてしましましたが、ぼちぼち進んだ感じですね。

来週からはブーツの型紙づくりも始まりますので、土日はリフレッシュしたいとお思います!

それではまた〜^^