靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

天神祭より靴づくり!(笑)

 

今日は学校が休みなので、持ち帰って家での作業。

外羽根モカシンというタイプをやっていて、それの吊り込み作業(木型に釘止めし靴の形にしてく作業)をしてました。

 

こんな感じです。

f:id:yu_matsuo:20150725183922j:plain

f:id:yu_matsuo:20150725183923j:plain

 

 

甲部分のシワや、先芯の厚み、中心ラインの歪みなど、今回もあ〜こうすればよかったと気づくことが多々ありました。

 

今回のこの靴は、これまでつくっていたマッケイ製法という作り方じゃなく、ハンドソーンウェルテッド製法というやりかたをします。

まだやったことがないので、さて上手くできるでしょうか?

 

先週はこの靴のアッパーを作り、中底を木型につけ、ハンドソーンのための溝を中底に掘っていました。

この溝は縫い付けるために必要なものなんです。また次回にお伝えしたいと思います。

f:id:yu_matsuo:20150725183916j:plain

f:id:yu_matsuo:20150725183917j:plain

f:id:yu_matsuo:20150725183920j:plain

f:id:yu_matsuo:20150725183921j:plain

 

 

 

また前回のつづきで、内羽根タイプの靴も完成しましたよー。

f:id:yu_matsuo:20150725183912j:plain

f:id:yu_matsuo:20150725183913j:plain

 

 

靴底を黒色に塗装し、ロウを塗って磨きました。

楽しくなってピカピカにしてしまいました 笑

履いたら削れてしまうのですが、ピカピカの靴底ってなんかいいですよね^^

f:id:yu_matsuo:20150725183915j:plain

f:id:yu_matsuo:20150725183914j:plain

 

 

 

あとは外羽根タイプの吊り込みも進めてます。

靴紐を結んでから吊り込むのですが、うっかり忘れてしまいこのあと吊り込みやり直しました 笑

個人的にはこういうシンプルな革靴が好きなんです。

f:id:yu_matsuo:20150725183918j:plain

f:id:yu_matsuo:20150725183919j:plain

 

 

 

テレビをつけると、天神祭27時間テレビ

外では蝉が鳴いていて、花火の音も聞こえてきました。

もう本格的に夏ですね〜

今年は靴一色の夏になりそうですが、これも人生で一回しかないので楽しんでいきたいと思います!

 

皆さんも夏を満喫してくださいね〜

それではまた^^