読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

大切に作った靴

 

今週はスリッパ(サンダル)がほぼ完成しました。

あとは靴底をピカピカに磨き、中敷きをつけて出来上がりです^^

写真はヒールをつける前の時のものです。

f:id:yu_matsuo:20150515175713j:plain

f:id:yu_matsuo:20150515175712j:plain

↑革スリッパもなかなかいいものですよ 

 

 

はじめてのマッケイ製法(靴の中敷き部分とソール部分を手縫いで縫製するやり方)は、ホントに手こずりました 笑

 

マッケイ製法については、

前回の記事【下積みは必要だと思いますか?】を読んでみてください。

 

つま先部分なんか、どうやって縫うの??って感じですよね。

その辺に関してはややこしいので今回書きませんが、まあひとまず形になりました!

ガッタガタで思い出に残る味のある革スリッパです 笑

 

 

その他には外羽根の靴の型紙の練習もしています。

型紙を取るまでに、半型などいくつも型をつくります。

一気に取れたらいいんですけど、なかなかそんな簡単にもいかないようですね〜笑

f:id:yu_matsuo:20150515175715j:plain

f:id:yu_matsuo:20150515175714j:plain

 

 

といった感じで疲れましたが今週も楽しみましたよ〜^^

1年後仕事にできるのか考えれば不安は尽きないんですが、まずは作れないと仕事にもならないので「焦らないように!」と自分に言い聞かせています 笑

 

この1年間継続したいことは「靴作りを楽しむ」こと。

苦痛になってしまえばそこまでなので、靴作りが大好きになることがまずは目標ですね!

 

 

先にも書きましたが、今回ガッタガタで思い出に残る味のある革スリッパが出来ました。

こういうのって一般的には商品にはできないとされ不良品にされます。

でもこれってなんか違うと思いませんか?

もちろん機能的に問題があるようなものは不良品として考えますが、そうじゃない部分。

見方によっては味になる部分。

もちろん作り手がいい加減な気持ちで作っていれば、それは不良品と言われてもしようがないと思います。

でも誰かのために大切に作った靴だったら、少しぐらい不揃いでも僕的には逆によい靴だと感じてしまいます。

 

以前は靴の製造販売をしている会社で働いてので、不良品(少しステッチがずれているとかでも)の破棄で嫌な思い出があります。

せっかく作ったものを自分たちの手でハサミを入れ、処分しなければいけません。。。

海外工場で作っていたのですが、作り手側もなかなか意識を持って作ってくれないので不良品がたくさん出るケースもありました。

 

そんな経験からもできるだけ無駄なものは作りたくないなと思っています。

商品というよりか「大切に作った靴」として、喜んで買っていただけるようなものを作っていきたいですね。