靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

下積みは必要だと思いますか?

 

ゴールデンウィーク明け。

作業は同時で色々進んでいます。

なので、何から書いて良いのかわからなくなってきました 笑

 

前回の記事で書いたパンプス。

こちらはひとまずアッパー(靴の甲部分)だけ作ったのですが作業は保留中です。。

空いた時間にパンプスのアッパーを作る練習はしており、何気に4枚完成しています。

失敗を繰り返しながらも、なんとなく感じは掴んできましたよ!^^

 

あとは、外羽根の靴の型紙作り、採寸の勉強などしているところです。

 

 

そして今メインで進行しているのがスリッパです。

靴の製法には色々と種類があって、製法によりソールのつけ方が変わってくるんですね。

今回のスリッパは、「マッケイ」という製法になります。

マッケイ製法は、一般的に軽くて足にフィットする履き心地が特徴と言われております。

 

まずは写真のように「吊り込み」と呼ばれる作業です。

靴のアッパーを木型に沿わす作業です。

「引っ張っては、釘止め!」「引っ張っては、釘止め!」です。

f:id:yu_matsuo:20150508183421j:plain

 

 

次にアッパーと中底(中敷き)部分を手縫いで縫製していきます。

f:id:yu_matsuo:20150508183420j:plain

 

 

一周縫うとこんな感じですね。

f:id:yu_matsuo:20150508183422j:plain

 

 

あと縫糸には「チャン」というものをつけるんです!

 

チャン!?

 

何のこっちゃですよね 笑

 

チャンとは、松ヤニと油を混ぜたもので、糸が腐ったりしないよう強度を高めるようなものでしょうか。

まだ勉強中なのでこれ以上詳しくは聞かないでください 笑

 

写真のような感じです!

これを水の中に入れると、飴のような感じに仕上がるんです!

それがチャンです。

f:id:yu_matsuo:20150508183423j:plain

 

 

話は戻り、ソールの分厚い革を貼り付けました。

周囲の余分な革は包丁でカットしていきますが、ここで大苦戦!!!

ガッタガタ。。

次の工程に影響が出てくるので、ベテラン先生に修正していただきました 笑

f:id:yu_matsuo:20150508183424j:plain

 

 

ほんで!

ソールの周囲に切り込みを入れます。

厚みは1mm?ぐらいです。

f:id:yu_matsuo:20150508183425j:plain

 

 

そこに穴を開け、糸で中底(中敷き)とソールを縫っていきます。

まずは先生のお手本から。。

f:id:yu_matsuo:20150508183426j:plain

 

 

ってな具合で進めていますが、糸がちぎれたりとこれまた大苦戦の予感です>< 

先生のお手本を見て、いざ自分でやろうとすると手が動きません。。

見るのとやるのとでは大違いです。

 

でもこれが楽しい。

今日は昼過ぎまでの授業だったんですが、練習をしていて気づけば夕方でした。

 

 

昨日読んだ本の中にも、こんなことが書いていました。

 

「下積みは必要だと思いますか?」

 

答えは、「下積みなんかしなくてもよい。」

他人から見れば苦労な事も、夢中になれることをしている時は、本人にとってそれは下積みだと感じない。

 

要はどう捉えるかということですね。

 

今日も夢中な感じで楽しめました 笑