靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

作ってみて気づくこと

 

f:id:yu_matsuo:20150430170210j:plain

今週も木曜日の授業が終わりました。

そうです、パンプス制作の続きです。

今週は型紙をつくり、アッパー(靴の甲部分)を完成させる練習を2度しました。

 

あと工程のメモとらないでもいけるかな!と余裕こいていたら、1日休日挟むと頭の中のデータは見事に消去されていました><

やっぱり真面目にメモしていこうと思います 笑

 

さてそんな感じでアッパーを折り込み踵側の縫製です。

表面が内側になっていますので、写真は裏側の状態で縫製しています。

この後踵部分を平らにし補強テープを貼ります。

f:id:yu_matsuo:20150430170832j:plain

 

 

次はライニング(靴の内側部分、足の入る方ですね)をつくります。

こちらはつま先側と踵側と2つのパーツになります。

同じように踵を縫ったり、平らにし補強テープなどを貼ります。。。

糊付けもします〜

f:id:yu_matsuo:20150430170834j:plain

f:id:yu_matsuo:20150430170833j:plain

 

 

ライニングが準備できたらアッパーに貼っていきます。

中心がズレないように注意しながら。。

f:id:yu_matsuo:20150430170835j:plain

 

 

あとは履き口をミシンがけし、余ったところを切り落とせば完成!!

f:id:yu_matsuo:20150430170836j:plain

 

 

と言いたいところなのですが、、

実はこれが1stサンプルでした!!!

 

このサンプルを見て、ライニングのサイズが型紙からズレていたら調整します。

それからが本番になります><

 

今回は修正できていませんが、この重なり本来8mmで上がるはずが、約12mmで上がっています。

f:id:yu_matsuo:20150430170837j:plain

 

 

先生から聞いた話ですが、靴作りは100%の完成度は難しいようで、誤差を埋めていき最終的にどれだけ100%に近づけられるか。

そんな世界のようです。

 

確かに以前も靴の仕事に関わっていましたが、そんな感じでした。

左右で揃えないといけないし、ましてや革なんか伸びますもんね。。

作ってみて気づくことがいっぱいです!

 

今日も楽しかった^^