靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

靴の作り方に興味ありませんか?

普段何気なく履いている靴ですが、どうやって作られているか興味ありませんか?

今日は少しだけお話したいと思います^^

 

 

おおまかに言うとラスト(木型)に、アッパーとソールを繋げて作るんです。

 

f:id:yu_matsuo:20150414200813j:plain

↑ラスト(木型)

 

ラストとはこういう感じのものです。

いわゆる木型で、靴の形はこれで決まります。

オーダー靴なんかは、お客さんの足の寸法にあうように、このラストからオリジナルになるわけです。

 

 

で続きですが、革靴でいう表革の部分(アッパー)を縫製し、ラストへ被せ沿わせて形にしていきます。

 

f:id:yu_matsuo:20150414203707j:plain

 ↑アッパーをラストに沿わせたところ

 

写真のような感じで徐々に靴らしくなってきていますよね。

写真はきっちり沿っていませんが、綺麗にラストに沿わしていきます。

 

 

そしてアッパーが完成したらソール部分を取り付けていきます。

 

f:id:yu_matsuo:20150414203736j:plain

 ↑ソールの取り付け

 

こんな感じでソールがつきます。

ソールの材料や取り付け方は様々で、高級な靴は基本手縫いで仕上げていきます。

ちなみに写真のソールは合成底ですので接着しています。

 

 

であとは靴紐を通し、オイルを塗って仕上げて完成という流れです。

かなり簡略しましたが(笑)、実際にはものすごく時間がかかるんです!

 

でも靴作りを知ると楽しいですよ!

きっと作りたくなると思います^^

またどんどん更新していきますね!