読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴作家になるための1日《僕と自家製靴店》

30歳を過ぎ靴作りを学び、靴作家として仕事を作っていけるのか!? ノンフィクションでお届けします (笑)

革に関すること

靴づくり体験 〜最終話〜

靴づくり体験 〜最終話〜 いよいよ最終回です。 前回はヒールを取り付け、革包丁である程度整えたところまででしたね。 ここからはやすりを使いコバを綺麗に磨いていきます。 まずは木ヤスリで形を整えます。 この作業、地味ですがすごく大切なのです。 左右…

靴づくり体験 〜第6話〜

靴づくり体験 〜第6話〜 久しぶりなので前回までの記事はこちらよりご覧ください^^ 初めての方でも時間をかければ靴は作れます。 ということで靴づくり体験をしてくださっている方の様子を載せてます^^ もう、第6話ということで終盤に入ってきました。 …

革底のヒールができるまで

ヒールづくり。 そうです、靴のヒール(かかと)です。 なんでこんな記事を書くのかというと、ソールを縫屋さんに出すため數足まとめて作っていたからです。 なので最近はずっとヒールをつける工程ばっかやってます 笑 でも楽しいですよ! というわけで今日…

自分でもできる?雨ジミになった革の対処法

こんにちは ノンフィクション靴作家の松尾です。 2日前のこと。 天気予報は降水確率30%。 一日曇りで雨マークもなし。 降水確率40%は天気予報士もどちらに転ぶかわからないらしい。 でも30%だし、、、 きっと、きっと、大丈夫だろう!といつも通り外出。 と…

あなたの買った靴、手抜きされてませんか!?

おはようございます ノンフィクション靴作家の松尾です。 今日はこちらから〜 さて、これは何でしょうか?? 何に使うのかというと、、、 こちらの靴のかかと箇所の補強パーツに使います。 小さなパーツなので革包丁だと切り抜くのが大変。。 うまくいったり…

セミオーダー疑似体験企画!?

こんにちは ノンフィクション靴作家の松尾です。 オリジナルライン(受注製作)の準備は着々と進んでます^^ こちらは色見本帳、やっと作りました! この革とこの革を使ったらかわいいだろな〜とかきっと楽しんでもらえるはずです^^ ◯手前の5色はヌメ革 …

Q. 今日はこの写真から〜、さて何でしょうか?

こんにちは ノンフィクション靴作家の松尾です。 今日はこの写真から〜 さて何でしょうか? 答えは、、、 かつお節 じゃないです 笑 答えは靴の中底でした。 ガラスの破片で革の銀面(表面)を落としているところ。 靴の中底とは履いた時に足裏が直接当たる…

レザーアワードのお礼と・・・

ジャパンレザーアワード展示会(一次審査会) 初日に500名ほどのお客さんが来られたようで、先着150名の投票権も初日のお昼過ぎにはすでに終了だったようです>< 例年ここまでお客さん来ないと聞いていたのでびっくりでした。 見にきて頂いた方、投票できな…

連休最終日何してますか?

10月3週目、ようやく涼しくなってきましたね! 先日からお伝えしてますジャパンレザーアワードの一次審査がいよいよ本日からスタートします。 スケジュールは下記の通りです。 会場:阪急うめだ本店9F 10月10日(月・祝)12:00~20:00 10月11日(火)11:00~…

俵型のおにぎり?そんなコンセプトの靴できました^^

9月3週目 以前から試作を繰り返してきたこの靴もようやく完成^^ 以前の制作記事はこちら⇩ ・靴づくりに時間がかかる理由とは? - 靴作家になるための1日 ・ヌメ革を育てる靴? - 靴作家になるための1日 これはオーダー靴ではなく、お店のオリジナルライ…

どうなった?試作ブーツのつづき

ちょっとサボってましたブログ書くの。 ブログ用に写真を撮っているのですが、見返すとどっさりあり慌ててブログ書き出しました 笑 前回の記事では試作ブーツ途中まで。 ソールを縫い屋さんへ出してきました。 ヒールを取り付けるとこんな感じに仕上がりまし…

長く大切に履きたいと思ってもらいたい

オーダー靴の続き 前回の記事ではこの仮靴が完成したところでした。 仮靴とは何か? 前回詳しく書いてますが簡単に説明すると本番前の試作で足に合っているか確認のための靴のことです。 で、週末お客さんに来てもらいました。 履いてもらったところ、前回か…

【オーダー靴のための知識】仮靴って何?

オーダーくつの修正 先週、オーダーいただいたお客さんが仮靴を履くためにご来店いただきました。 仮靴って何? 読んでそのまま仮履き用の靴のことです。 オーダー靴なので、最初にご来店いただいた際にまずは採寸させていただきます。 その上で「どの木型を…

ヌメ革を育てる靴?

7月4週目 大阪は梅雨も明け夏らしい日が続いてます。 昨年3月会社員を辞め、4月から丸一年製靴塾で靴づくりに没頭。 今年の5月にはお店兼アトリエをオープンし、試作やオーダー靴を作る日々。 なかなか思うようにいかないことの方が多い毎日(まあ当たり前か…

靴づくりは革選びから

依頼していた木型が出来上がってきました。 リピートと新しい型があります。 ちなみに右端の木型は女性用、形がすごくきれいだったのでパンプスやローファーに良さそうです^^ 早速、届いた木型で型紙をおこしていきます。 一つの靴を作るのにこれだけの型…

機械で作る商品、人の手で作る作品

こんにちは。 "世界に一足の思い出" を贈るオーダー靴店《僕と自家製靴店》の松尾です。 昨日はお世話になっている革問屋さんへ行ってきました。 オーダー靴をやりつつ、オリジナル靴もこれから増やしてイベントなんかにも参加できればな〜と思い、見たい革…

3年後に芽が出ていたら継続!兆しが見えなかったら撤退!

6月2週目! オーダー靴のご依頼2足を作りながら、スリッパやオリジナルラインの靴を作ったりしています。 週末には友人が職場仲間と一緒に遊びに来てくれました。 オリジナルラインで販売し始めたこの靴を気に入ってもらい「みんなで色違いでオーダーしてデ…

「蒸れる靴」と「蒸れにくい靴」の違いとは?

こんにちは ノンフィクション靴作家の松尾です。 今日は「蒸れる靴」と「蒸れにくい靴」のお話をしますね! 「革靴はよく蒸れる」ってよく耳にしませんか? これは履き方によっては蒸れますし、蒸れにくくする方法もあります。 まず革について。 革靴は蒸れ…

【姫路タンナー工場見学編】「モノ」ではなく「命」に触れているということ

「現場で感じることってやっぱり凄いな。」 今日は兵庫県・姫路市にあるタンナーへ工場見学。 姫路駅からバスで少し行けば、馬革のタンナーの集まる町、花田町がある。 お世話になったのは主に馬革の鞣し(なめし)を行っている大昌さん。 大昌さんはすごく…